本文へスキップ

高齢者・介護施設向けの調理済み食材の利用メリットを掲載!調理スタッフの確保や人件費、厨房設備費用のコスト軽減をお考えの場合はご参考にしてください。

電話でのお問い合わせは0770-72-4747

〒919-2224 福井県大飯郡高浜町薗部49-3

高齢者・介護施設向けの調理済み食材を利用するメリットコストと負担の軽減策

調理済み食材のメリット

第1位 調理スタッフ確保の負担軽減

調理スタッフの負担を軽減

 自社調理の場合には栄養価の計算、献立を作成できる専門的な
 知識を持つ人材と実際に調理を行うスタッフがある程度必要と
 なるが、突然の退職者の補填、朝食や土日祝日、お正月などの
 大型連休時のシフト作成に悩まれている施設も多いのが現状で
 す。そのような人材確保の悩みの解決策として、誰でも簡単に
 短時間・少人数で食事提供が行える調理済み食材の利用を開始
 される施設が増えています。

 採用基準の緩和や食事提供にかかる人件費の削減厨房設備費
 用の軽減
にもつながることも理由にありますが、最大の魅力は
 人材の確保の負担軽減になった との御意見をいただくケース
 が多いです。


第2位 食事提供にかかるコストの軽減

 施設運営において食事はウエイトの大きい部門のひとつです。しかし食事提供の部門単独で黒
 字化となっている施設は数少ないのが現状です。今までは施設運営の総合的なバランスの問題
 視していなかった事業所も多い中、度重なる介護保険の改定による報酬減、競合他社の進出な
 どの問題により、人件費、厨房設備の衛生管理費用や維持管理費のコストの削減を改めて考え、
 調理済み食材の利用を開始されている施設が多くなっています。

 但し、急で大幅な変更はむずかしいため、週に一度や朝食のみなど段階的に様子を見ながら利
 用される施設がほとんどです。
食事提供の経費削減


第3位 栄養バランスと衛生面の不安の軽減

 栄養士などの有資格者が在籍していない施設の調理スタッフの意見で最も多い相談が、献立の
 栄養価計算ができない、疾患者向けの食事提供に不安を感じている、家で調理している感覚で
 行っているので現状が衛生面的が正しいのか不安だと相談を受けることがあります。そのよう
 な不安の軽減策として調理済み食材の利用を開始される施設もございます。
衛生管理の向上&献立作成の負担軽減

 栄養価が気になる利用者には、事前に栄養価表示付きの献立表の配布が行えることや症状にあ
 わせた療養食も取扱っているため介護度の高い利用者にも対応ができます。また、調理時間が
 短く最小限の器具で食事提供が行えるため、衛生管理面での不安の軽減にもつながります。


その他のメリット

 調理済み食材の利用は、ご利用者様への食事提供にかかる人件費やコスト面の削減よりも、人
 材確保の面で利用を考えている事業所が多いようです。当社も在宅医療介護事業を運営してお
 り、離職率を抑え、安定したサービスを行うための人材確保が今一番の課題です。
離職率の低下改善
 食事提供にも同様で、調理スタッフ一人にかかる責任配分の緩和や不安や負担の軽減を考え、
 長く勤務してもらう職場環境づくりを理由に調理済み食材の取扱を開始した経緯があります。
 もちろんお食事は利用者にとっても楽しみのひとつ。満足度も重要な中で、今のところ大きな
 不満を漏らす方も少なく、反対に栄養価付きの献立の提示や療養食の対応ができることで施設
 としてのアピールにもつながっています。


調理済み食材導入事業様の状況

 新規開設のデイサービスや小規模多機能、グループホームなどでは、大半が自社調理ではなく
 調理済み食材や業務委託などで対応されているところが多いです。
 また多くの事業所様では、自社調理から調理済み食材の切り替えをいきなりすることなく、部
 分的な利用(例:土・日・祝日のみや夕食のみなど)での様子を見ながら切り替えている事業
 所様が多いです。
高齢者施設の新規開設
 栄養士様や調理師を抱える大規模な調理施設をお持ちの事業所様や病院でも、大型連休時や部
 分的な利用、災害・緊急時対策用にご利用が増えております。





高齢者介護施設の食事サービス|CookDeliクックデリ